日本の癌治療最先端は?

日本の癌治療最先端は「がん研有明病院 – 公益財団法人 がん研究会」なのか「国立がん研究センター中央病院」なのか?
それぞれに特徴もあろうが、困った事があれば、各病院にご相談されます事が大事に思う。
がん研有明病院 – 公益財団法人 がん研究会
所在地:〒135-8550 東京都江東区有明3−8−31
電話:03-3520-0111

国立がん研究センター中央病院
所在地:〒104-0045 東京都中央区築地5丁目1−1
電話:03-3542-2511

人の免疫力を司るのは腸にあるとの話し

最近のホンマでっか情報によると、
人の免疫力を司るのは「腸・腸内細菌」らしい話。

また、行動に出るのも腸が司るとの研究も、
古来から喜怒哀楽の言葉に「へそで茶を沸かす」「堪忍袋の緒が切れる」「腹黒い」などの形容詞には、
お腹の部分の言葉が多いようで。

さて、「心身・心安らかにする」ことや「笑い」も免疫力の治療薬なのかもね!
免疫力アップで「心の病」や「癌・ガン・がん」から遠ざかりましょう。

ところで、今年のプロ野球は、
パ・リーグが先に「ソフトバンク・ホークス」が優勝し、
セ・リーグは「広島カープ」が2年連続優勝を果たしており、
本当におめでとうございます。

冬虫夏草.net cordyceps ブログ

聖路加国際病院 日野原重明先生を悼む

聖路加病院トップとして数多くの患者さんを診てきた、
日野原重明医師(先生・聖路加国際病院名誉院長)が2017年7月18日に亡くなられた。

生前は「生活習慣病」なども命名されたと記憶している。
また、
病気・癌(がん・ガン)などの終末期医療にも尽力しておられた。

謹んで心よりご冥福をお祈り申し上げます

芸能界でガンに罹患者が

テレビニュースによると、
芸能界のスーパースター「中村獅童さん」が初期の肺腺がんに罹患と報道されました。

発見が早かったようなので大事にはいたらなくて良さそうです。

※遺伝子的にガン系家族だとも言われている方は、定期的な検査で対処する必要があるかと。

牛樟芝は仙人の食物?

台湾では古来から、牛樟芝は仙人の食物なの?

かつて、そう囁かれそうな山奥で自生し、
現在では採取・伐採禁止の宝物。

ベニクスノキタケ自体には、
研究によって、
トリテルペノイド群が200種類以上含有されていると評価されております。
その一つ一つはまだ完全に研究解明されていませんが、
そのひとつ、
アントロキノノールの成分は解明されており安心してお使いになられます。

※「牛樟芝」は良く選んでご使用ください。

※GoldenBiotec In TAIWAN(台湾の製薬メーカー・株式上場会社) は、
この台湾の固有種であるベニクスノキタケ(通称:牛樟芝)の中から、健康の関与成分アントロキノノール(Antroquinonol®)を発見し、
研究開発しております。

※牛樟芝は、樟脳の木が倒れて、そこに菌が定着して育ったもので、「牛樟芝」と言う樹木があるわけではございません。

====
台湾にも綺麗な桜の木がありました。
固有種のサクラもあり、日本よりも早く2月頃が開花の季節だそうです。
場所によってはお堂(休憩場)と建ててさくら鑑賞で楽しむこともあるなのだとか。