桜のトリビア

あまり見かけない品種のさくらですが、
兼六園菊桜(けんろくえんきくざくら)の花弁は約250枚から約400枚もあり見応え抜群との事。
チャンスが有れば、一度は見てみたい「桜」です。

さて、本日現在のサクラ前線はどこまで北上しているのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*